映画製作会社and picturesが運営する真の俳優を生み出すワークショップ | パフォーミングアカデミー

PADの特長

パフォーミングアカデミーを立ち上げたきっかけ

 

責任者 伊藤主税からのメッセージ


 

Profile

株式会社and pictures
代表取締役社長 伊藤主税
愛知県豊橋市出身
10年間の役者活動を経て、現在は映像プロデューサーとして活動。
 
2010年公開映画「Re:Play-Girls」を皮切りに、国際映画祭で評価される短編映画のオムニバス企画「Short Trial Project」シリーズ、TOHO系列中心に公開された映画×音楽の短編映画オムニバス「SHORT MOVIE CRASH」シリーズ、鳥取県鳥取市気高町との共同制作、有村架純主演「平穏な日々、奇蹟の陽」、SSFF×Nestle芦名星主演「あのときのflavor…」など、様々な地域、大手企業とのコラボレーション短編映画を制作。
長編映画でも市原隼人主演「ホテルコパン」、横山剣主演「イイネ!イイネイイネ!」、レインダンス国際映画祭正式出品作品「ku_on」、「7s」をプロデュース。
他、多数の長編、短編映画、CMなど企画進行中。
株式会社and pictures全作品のプロデュースを手掛けている。

Massage

株式会社and picturesの伊藤と申します。

 

元々役者であり、現在は制作会社として様々なコンテンツを企画開発、制作プロデュースしています。

 

○せっかくオーディションに受かり、現場に出たが芝居が出来ず、次への仕事に繋がらない。逆にマイナスに。

○レッスンばかりで、オーディション情報がなくこの努力を活かす機会がない

○ワークショップに参加し、必ず作品に出れるという事で出演。しかし、他のオーディションに受からない。

 

2007年から、プロデュースの仕事をするようになり、裏を知れば知るほど上記をすごく目にする事が多く、気になっていました。

 

周りにもエンターテイメント文化を盛り上げようという監督、仲間、先輩が沢山いる。それぞれが意味あるコンテンツ開発している。

 

頑張っている俳優とこの様々なコンテンツを組み合わせ、役者目線とプロデュース目線、双方の目線から真に意味のあるワークショップをしたい。

 

そして、1人でも多くの本物のプロの俳優を輩出したい、ワークショップとコラボし、1つでも多くのコンテンツを生み出したいという気持ちから、このパフォーミングアカデミーを開催しました。

 

コンテンツは人と人を結び付け、様々な可能性へと変わっていく。

その可能性は文化であり、人の喜びであると思っています。

 

その為に、制作側も役者側もやる事は1つ。

 

目標に対し、全力を尽くす事しかないかなと思っています。

やはりこれが1番大事かなと。

 

僕達も全力で伝えていきます、なので全力で応えて頂きたく思います。

 

エンターテイメントがもたらす、可能性のために。

 

伊藤主税

 

パフォーミングアカデミーCONTENTS DIVISION

 

「俳優 × コンテンツ × クリエイター」をつなぐ架け橋です。

 

  • ツイッター

最新情報